お風呂上がりの入念な保湿のお手入れは美肌に効果的か

新入社員として入社したてのころ、ずいぶんとにきびに悩まされた時期がありました。

皮膚科に通ってみると、ストレスも大きく影響しているが、乾燥も原因のひとつと言われました。高い基礎化粧品やファンデーションを使ってみたり、美容ドリンクやサプリを試してみたりと、できることはほとんどすべてし尽くしたように思います。お金もかなり費やしました。

お風呂上りのお手入れももちろんかなり入念にしました。肌が荒れていると誰にも会いたくなくなりますし、鏡を見るのも嫌でした。ところが皮膚科を変えて、お手入れ方法を変えてみると、これまでの努力が嘘のようににきびがすーっと消えていきました。

元々通っていた皮膚科ではピーリングを定期的にしてもらい、漢方を服用するという治療法でした。保湿については特に指導もありません。

新しく通い始めた皮膚科の先生は全く違った考え方で、べたべたと化粧水や乳液を顔に塗りたくるのは一番よくないことだと教えてもらいました。

それぞれ考え方が違うだけで、どちらの先生が間違っているというわけではないと思うのですが、これまでべたべたとつけ続けていた高級な基礎化粧品を勇気を出して手放し、皮膚科で処方してもらったヒルロイドローションクリームを薄く塗るだけという保湿方法に変換しました。

数万円かけていた基礎化粧品が数百円になってまさか肌の乾燥が治るだなんて思ってもみませんでした。それ以来私は過剰に手入れすることを辞め、基本的にはローションを使用し、週に1回だけデトックスも兼ねて保湿パックをするようにしています。