30代になってから始めた保湿ケア方法はオリーブオイルをプラス

私の場合は20代の頃は普通に基礎化粧品を使用するだけで良かったのですが、30代になってから肌の乾燥が気になるようになってしまいました。それで始めたのがオリーブオイルを使った保湿方法です。

オリーブオイルは植物由来の成分だから肌への負担が少なく、また肌馴染みがいい商品です。それにエイジングケア用の基礎化粧品って値段がかなり高額になってしまうので購入するのを躊躇してしまうんですよね。だけどオリーブオイルを使った方法なら普段使っている化粧水に1滴オリーブオイルを混ぜて肌に塗るだけでOKなんです。

オリーブオイルが化粧水を乳化してくれるので肌の水分が蒸発するのを防いでくれます。またオリーブオイルにはビタミンがたっぷり含まれていることもあり抗酸化作用、肌トラブルの予防、ターンオーバーの正常化による美白効果などが期待できます。

そんな訳でオリーブオイルは安全性が高い上にコスパも良くてアンチエイジング効果が期待できるととってもお勧めできる商品なんです。それに肌の状態に合わせて自分で調節できるのも魅力と言えます。

例えば普段より肌の状態が良くないという時は洗顔後にまず化粧水を普通うにつけてその後でオリーブオイルを混ぜた化粧水を付けるといった2度付けをするとより保湿効果がアップします。

またオリーブオイルを混ぜる量も1滴ではあまり効果が実感出来ないといった場合は割り合いを増やして2滴にしてみるといった微調整が可能なのも大きなメリットと言えます。